SDGs・パーパス

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界を変えるための17の目標

九州内の多くの企業は「SDGsは、もはや他人事ではない」ただ「何から始めたらよいのかわからない」という悩みを抱えています。
企業が SDGsに取り組む上で大切なことは、「自社は世の中にどのような良いことを増やすのか」つまりは、自社の「存在意義(パーパス)」を明確にすることです。
九州博報堂は、パーパスの構築と、パーパスに基づいた情報発信及び企業アクション、事業/商品/サービス開発に伴走します。

1.貧困をなくそう 2.飢餓をゼロに 3.すべての人に健康と福祉 4.質の高い教育をみんなに 5.ジェンダー平等を実現しよう 6.安全な水とトイレを世界中に 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 8.働きがいも経済成長も 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 10.人や国の不平等をなくそう 11.住み続けられるまちづくりを 12.つくる責任つかう責任 13.気候変動に具体的な対策を 14.海の豊かさを守ろう 15.陸の豊かさも守ろう 16.平和と構成をすべての人に 17.パートナーシップで目標を達成しよう SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 2030年に向けて世界が合意した「接続可能な開発目標」です

博報堂とSDGs

九州博報堂の
SDGs事例

  • 西日本シティ銀行 × 九州博報堂
    「SDGs事業アイデア発想塾」
    古民家と海外からの留学生で「空き家」問題を解決する
    西日本シティ銀行と共にオリジナルのカードゲームを活用した「SDGs 事業アイデア発想塾」を立ち上げました。SDGs や地方創生に資するビジネスアイデア創出や社会課題解決への貢献を目指す企業を、地域金融機関と広告会社が協働してサポートする新たなワークショップ型のコンサルティングです。
  • 「SDGsデザインインターナショナルアワード」共催
    SDGs Design InternationalAwards 2020
    2019年度より、九州大学と共に、SDGsの目標を達成するためのアイデアを募り表彰する「SDGsデザインインターナショナルアワード」を開催しています。2020年度は「パンデミックを乗り越え、進化するためのデザイン」を募集し、世界16か国から200近くの応募がありました。
  • 三好不動産 福岡の不動産で初の「SDGs宣言」をサポート​
    三好不動産
    三好不動産の推進事業をSDGs視点から整理。「すべての人の幸せにつながる、人と資産との関係づくり」というSDGs側面でのパーパス構築をサポートし、福岡の不動産初の「SDGs宣言」に繋げました。​
  • Fukuoka FUN LIFE Project​
    高齢ドライバー
    西日本新聞社と九州博報堂Qラボ(九州しあわせ共創ラボ)は、各関係団体と協力し、安全で誰もが安心して暮らせる福岡を目指す企画「Fukuoka FUN LIFE Project~高齢ドライバーによる事故を減らすために~」をスタートさせました。車を取り巻くテクノロジーの進化や加齢による運転技能の低下を補う方法など、事故防止につながる情報を発信し、「これからの運転」を考えるきっかけを提供しています。​
  • 九州SDGsデザインネットワーク
    社会が変わるデザインをしよう。SDGsデザインフォーラムin九州
    2018年10月、九州大学、西日本新聞社と共に、九州におけるSDGsの社会実装化を目的とした 「SDGsデザインフォーラム in 九州」を開催。会員組織「九州SDGsデザインネットワーク」を発足しました。(会員数104名)​